iDeCoオススメの証券会社はここだ!

【初心者向け】つみたてNISAの始め方ガイド

貯蓄から資産形成が叫ばれる昨今、2018年1月より、つみたてNISAがスタートしました。
少額からの長期・積立・分散投資を支援する非課税制度という事で、メリットが多いです。

しかし、「つみたてNISAって何なのか正直よくわからない。投資って怖い。」、という人も多いのではないかと思います。

子供の頃から、貯金は勧められても投資を勧められることなんてなかったですからね。
そう思うのも無理はありません。

この記事は、投資初心者の方が、つみたてNISAの理解から、実際に始めるまでのステップのまとめ記事です。

やまぞう

紹介記事を上から順に読んで頂けると、わかりやすいかと思います!
本記事のテーマ
初心者の方が、つみたてNISAの理解から実際に始めるまでのステップをサポートする、まとめ記事です。

つみたてNISAとは何かを知ろう

まずは、つみたてNISAが何かを知る事から始めましょう。
つみたてNISAは、少額からの長期・積立・分散投資を支援する非課税制度です。
つみたてNISAでは、定期的に決まった額の投資信託をコツコツ買っていきます。

投資信託
複数の株の詰め合わせのようなもの。
複数の銘柄で構成されているので、どれか一つが下落しても、全体の損失が限定されるメリットがあります。(分散効果)

購入した投資信託の値上がり益分配金(配当金)は、購入してから20年間、非課税です。
通常の株式取引では、利益に対して20.315%の税金が取られますが、つみたてNISAでの買付分には税金が掛らないのです。
つみたてNISAを初心者にもわかりやすく【簡単解説】

メリットが多い、つみたてNISAですが、始めるにあたっての注意点もあります。
特に、分配金(配当金)の受領方式には注意が必要です。
受領方式に「株式数比例配分方式」を設定しておかないと、分配金に課税されてしまいます。
【分配金に課税される!?】つみたてNISAの注意点まとめ。

つみたてNISAに向いているのはどんな人?

投資初心者の方には、つみたてNISAが始めやすいと思います。
月100円からの少額から始めることもできますし、買付にポイントを使える証券会社もあります。
また、長期・積立・分散投資に適した商品が取り扱われるように、取扱商品に対して、法令上のガイドラインが設けられています。
そのため、劣悪な商品を選んでしまう確率も低くなっています。
つみたてNISAとNISAどっちが良いの?【 投資初心者はつみたてNISAがおすすめ】

オススメの証券会社は?

つみたてNISA口座は、どこで開設しても一緒というわけではありません。
証券会社によって、魅力的なサービスが付いていることがあります。

私のオススメは楽天証券です。
楽天ポイントとの相性がとても良く、ポイントの貯め易さと使い易さに非常に優れています。
つみたてNISAは楽天証券がおすすめ。楽天ポイントとの相性が最高すぎる。 つみたてNISA(積立NISA)は楽天証券がおすすめ。楽天ポイントとの相性が最高すぎる。

また、つみたてNISAだけでなく、楽天銀行とのマネーブリッジ金利がアップするなどの特典があるのも、オススメする理由の一つです。
預金金利が大手行の100倍!楽天のマネーブリッジとは?

やまぞう

楽天証券の魅力は楽天ポイントとの相性の良さです。それに気付いたので、つみたてNISA口座を楽天証券に変更しました!

商品選びはどうすれば良い?

つみたてNISA口座を開設した後は、商品選びです。

取扱商品には、インデックスファンドが多く取り揃えられていますが、数が多くてどれを選べば良いか迷います。
私は、インデックスファンド選びには、2つのポイントを重点的に見ています

手数料」と「ベンチマーク(株価指数)」です。

インデックスファンドの運用には手数料が掛かります。この手数料が安いものを選ぶのは長期のパフォーマンスに大きな影響を与えます
そして、ベンチマーク(株価指数)、つまりはインデックスファンドの投資対象です。
自分は、どこに投資したいのか必ず意識して選びましょう。
【必須】インデックスファンド選びにベンチマークと手数料は外せない