iDeCoオススメの証券会社はここだ!

預金金利が大手行の100倍!楽天のマネーブリッジとは?

少しでも預金金利を上げたい!
楽天銀行のマネーブリッジで預金金利が上がるって聞いたけどどうなの?
何かデメリットある?

本記事ではこういった疑問に答えます。

先に要点をまとめると
マネーブリッジを設定すると預金金利が0.1%となり、ある大手行の普通預金金利の100倍の利息が得られます。
デメリットはほとんどありません。

マネーブリッジとは楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス

マネーブリッジとは楽天銀行と楽天証券口座の連携サービスです。
後述しますが、優遇金利はもちろんのこと、証券口座への資金移動の手間がなくなる、ものすごく便利な仕組みです。

マネーブリッジのメリット

普通預金金利が0.1%! 大手行の100倍です。

スクリーンショット 2018-11-02 16.09.10
楽天銀行の普通預金の金利は通常0.02%なのですが、マネーブリッジの設定でこれが5倍の0.10%になります。

私が調べたある大手行の普通預金金利0.001%と比べると100倍です。
100万円預けると年間で1000円(税引き前)です。

ランチ一回分にはなりそうです。

さて気になるのが、
「楽天証券口座で何か買わなければ優遇金利は適用されないの?」
ということです。

結論を言うと、
楽天証券口座で何も買わなくて優遇金利は適用されます。
証券口座を作ってマネーブリッジの設定さえすれば良いのです。

投資のリスクを取らなくても優遇金利を受けることが出来るのは嬉しいですね。

自動入出金(スイープ)で資金移動が便利。手数料は無料。

自動入出金(スイープ)で資金移動が便利
自動入出金(スイープ)を設定すると証券口座に資金を移動しなくても、銀行口座に残高があれば買い注文ができます。
投信や株を購入する際に、証券口座に毎回入金するのって面倒ですよね。
自動入出金(スイープ)によって、その行程をすっ飛ばすことが出来るのです。

さらに、証券口座内の資金は毎営業日夜間に楽天銀行へ自動出金されます。
証券口座内の資金に利息は付きませんが、銀行口座に自動出金された資金には利息が付きます
無駄なく資金の運用が出来るのです。

もちろんこれらの手数料は無料です。

楽天銀行で他の引落がある場合は残高に注意!

マネーブリッジには1つだけ注意点があります。

自動入出金を設定すると株の買付は楽なのですが、うっかり預金残高いっぱいまで使ってしまう可能性があります。そうすると、他の引落が滞ってしまいますよね。

ですので、自動入金時に残す金額を設定することをオススメします。

下は私の楽天銀行の設定です。余裕を持った金額を設定するようにしています。

この金額は初期状態では0円に設定されるので、マネーブリッジ連携後は、自動入金時に残す金額を変更するようにしましょう。

利息の受取は3月と9月の2回

利息の受取は3月と9月の2回に分けてもらえる
気になる利息の受取ですが、3月と9月の2回に分けて振込まれます。
利息の計算方法は下の方法で行います。

  • 毎日の午前0時における最終残高1,000円以上について毎年3月31日と9月30日に、ウェブページ上表示する毎日の利率によって1年を365日とする日割計算のうえ普通預金に組入れます。
  • 付利対象期間は、3月31日の場合は9月30日から3月30日まで、9月30日の場合は3月31日から9月29日までとし、いずれも両端入れとします。

出典:楽天銀行HPより