【必読】99%の日本人が知らない国の借金の真実

国債は国の借金? いいえ、国債発行は通貨供給です。

債券と聞いてまず思い浮かぶのは、お金を調達する手段かと思います。

債券が買われることによって額面金額を得て、その利子を債券保有者に払う。
そして満期がきたら債券保有者に額面金額を返す。

いわゆる「借金」ですね。

この文脈で考えると社債は会社の借金、国債は政府の借金という事になります。

しかし、日本のように自国通貨建てで国債を発行している場合は、国債発行の意味は借金とは全く異なります

国債発行は借金ではなく、

「民間への通貨供給」です。

(ちょっと何言ってるかわからない…)

と思うかもしれませんが、最後までお付き合いください!

国債発行から政府支出までの流れが分かれば全て理解できる

「国債発行は民間への通貨供給である」

この言葉を理解するためには、国債発行、政府支出のお金の流れを知る必要があります。
逆に言えば、お金の流れが分かれば自然と理解できることだとも思っています。

ということで、政府が国債を発行し公共事業を行う時のお金の流れを解説します。

銀行による国債の買取。当座預金が銀行から政府に移動。

まず、政府が国債発行をします。
その国債を買うのは銀行ですね。

銀行は国債の代金を支払うのですが、銀行と政府とのお金のやり取りはどうやって行われるのでしょうか?

銀行と政府のお金のやり取りは、「日銀当座預金」を使って行われます。

日銀当座預金
中央銀行である日本銀行にある当座預金口座。銀行や政府が預金を預けている。

銀行が国債を買うと、国債の代金分の当座預金が銀行から政府預金に移動します。

仮に銀行が1兆円分の国債を買ったとしたら、銀行の当座預金が1兆円減り、政府預金が1兆円増えるということです。

国債購入で当座預金が移動

政府から企業への支払いは小切手を使う

国債発行により、政府は銀行からお金を調達しました。そのお金は日銀当座預金として持っています。
政府は調達したお金を元に企業に工事の発注をします。

ここで最初のポイントです。

政府はどうやって発注先の企業に代金を払うのでしょうか?

「え? 普通に銀行振込じゃないの?」

と思うでしょうがそれは出来ません。

なぜなら、企業は日銀に口座を持っていないからです。

企業が持っているのは普通の銀行口座です。対して政府が持っているのは日銀当座預金です。
日銀当座預金を銀行口座へ振込むことは出来ないんです。

そこで政府は小切手を使います。

小切手で企業に代金を支払うんです。

政府から企業への支払いは小切手

企業は小切手を銀行に持ち込む。ここで預金通貨が発行される

小切手を受け取った企業ですが、小切手のまま持ち続ける訳にはいきません。

小切手じゃ従業員への給料は払えませんよね。

そこで、企業は小切手を銀行に持ち込んで換金します。企業は小切手に書かれた額の銀行預金を手にします。

ここで2つめのポイントです。

小切手に書かれたお金を銀行はどこから調達したのでしょうか。

実はどこからも調達していません。

預金の数字を増やしただけです。(信用創造と似ていますね)

つまりこの瞬間、銀行預金という通貨が生まれたのです。

小切手を持ち込んで預金が誕生

銀行は小切手を日銀に持ち込む。すると国債分の当座預金が戻ってくる

政府が払い出した小切手は、企業を経て銀行に渡されました。

銀行はこの小切手をどうするのでしょうか。

企業が小切手を銀行で換金したように、銀行はあるところへ小切手を持っていきます。

日銀です。

小切手を受け取った日銀は、小切手に書かれた額だけ日銀当座預金を政府から銀行に移動します

当座預金が戻ってくる

…..

何か気付きませんか?

…..

銀行が国債を買って日銀当座預金が銀行から政府へ移動。
小切手の額の日銀当座預金が政府から銀行へ移動。

…..


…..

そう、当座預金が戻って来ました。

銀行→政府→銀行と移動して、銀行に日銀当座預金が戻ってきたのです。

日銀当座預金の総額は変わっていませんね。

しかし、民間の銀行預金は増えています

これは紛れもなく、
「国債発行による政府支出で民間に通貨が供給された。」
ということです。

一連の説明で、国債を買った銀行と小切手を受け取った銀行は同じにしていますが、2つが違う銀行であっても結果は一緒です。ここで持ち出しているのは、マクロな視点での銀行です。

国債残高を減らすのは民間預金を減らすと同義

「国債発行による政府支出は民間への通貨供給である。」

この事から言えるのは、国債残高(いわゆる政府の借金と言われるやつ)は、「今まで政府が民間に供給した通貨の量」だという事です。

国債残高が供給した通貨の量であるならば、国債残高を減らすと民間の通貨の量はどうなるのでしょうか?

答えは

「減らした分だけ同額の民間預金が消える」

です。

国債残高を減らすためには歳出よりも税収を増やさないといけません。
「税収 > 歳出」なので政府は黒字ですが、民間は対政府で赤字です。

税収は国債の償還に使われますから、銀行が持っている国債の償還は当座預金に積まれまし、日銀が保有している国債への償還の分は消滅ですね。

どちらにしろ、民間預金が減るのは確かです。

今、政府(というより財務省)はプライマリーバランス(PB)黒字化を目標に動いています。
PB黒字化、財政再建と言えば聞こえはいいですが、その結果は民間の預金を減らすことを目標にしているということです。

気が狂ってるとしか言いようがないですよね。

まとめ

国債は政府の借金だということが一般的な見方です。
しかし、上で説明したように民間への通貨供給であるという見方が本質かと思います。

ちょっと難しい話でしたが、次の2点を押さえてもらえればと思います

  • 国債発行による政府支出は民間の預金を創造する。(通貨の供給)
  • 国債の償還、PB黒字化で民間の預金が消滅する。

通貨の供給という意味では銀行の信用創造もそれにあたります。
興味ある方はこちらも是非!
銀行がお金を創造する – 全人類に知ってほしい信用創造の話

最後まで読んで頂きありがとうございました!Twitterのフォローよろしくお願いします!

参考文献

  • 目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【基礎知識編】中野剛志
  • 目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【実践編】中野剛志
  • 日本人が本当は知らないお金の話 三橋貴明
  • MMTによる令和「新」経済論: 現代貨幣理論の真実 藤井聡

本読むのメンドイって人はこちらの動画もおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です