iDeCoオススメの証券会社はここだ!

iDeCo(確定拠出年金)の待機資金とは?【購入・売却手続き中のお金のことです】

iDeCo(イデコ)の待機資金とは?

iDeCoの資産を確認する際に、待機資金という表示を見たことはありませんか?

iDeCo待機資金

iDeCoの資産状況を見たら待機資金に!

待機資金って何?
いつ、待機資金じゃなくなるの?

本記事ではこういった疑問に答えます。

待機資金とは購入・売却中の現金化された資金

待機資金とは、商品の購入または売却の手続き中で現金の状態になっている資金の事です。

掛金による買付スイッチングの時に、一時的に待機資金の状態となります。

やまぞう

待機資金はエラーではなく、正常な状態です。
そこはご心配なく。

掛金の拠出から約定、受渡、資産残高への反映まで時間が掛かるのでこのような状態になるんです。

待機資金が消えるのは受渡日の翌日以降

待機資金でなくなるのは、買い付けた商品の受渡日の翌日以降です。
(スイッチングの場合は、スイッチング先の商品の受渡日の翌日以降です。)

待機資金と表示されてから、だいたい、2〜3営業日以上の時間が掛かります。
(※購入商品によって変わります。)

掛金の引落から、受渡、資産残高への反映は次のスケジュールで進みます。

毎月26日
掛金引落
12営業日後
拠出日 (掛金が信託銀行に送金される)
1営業日後
発注 (信託銀行へ運用指図)
1〜2営業日後
約定
数営業日
受渡
数営業日
資産残高へ反映

上の図の、買いの発注日以降から資産残高に反映されるまでは、待機資金と表示されます

また、約定と受渡の日程ですが、売りか買いか、あとは商品によって異なります。

SBIベネフィットシステムズの方は、下のリンクから約定、受渡の日程を確認することができます。
参考 運用商品 約定・受渡日スケジュール一覧(pdf) (※本記事執筆時点から最新のスケジュールは更新される可能性があります。)

全体的に、売りは買いに比べて約定から受渡の期間が長いようです。
スイッチングするときは要注意ですね。

また、海外の債券、株式を含むファンドは運用指図から約定まで1営業日を要すことが多いようです。

国内債券、株式の場合は、運用指図日が約定日になることが多いようです。

掛金反映スケジュールの確認方法

掛金の反映スケジュールは、基本的に前に説明した通りに行われます。

ただ、営業日からスケジュールを自分で計算するの面倒ですよね。

掛金の反映スケジュールの具体的な日付を確認する方法を紹介したいと思います。
(※SBIベネフィットシステムズでの確認方法です。)

ログイン後のホーム画面に、お知らせの欄があります。
「個人型年金加入者の方へ 今月の掛金反映スケジュールのご案内」とあります。

SBI ベネフィットシステムズお知らせ欄

お知らせを開くと、下のように具体的なスケジュールが載っています。

掛金反映スケジュールのお知らせ

資産残高への反映は、購入商品ごとに異なります。
運用商品一覧ページから運用商品の売買に必要な日数(pdf)を見ることができます

売買に必要な日数

商品手続き開始日(運用指図日)から約定、受渡の日数が書かれています。

購入対象の商品の行を確認すればOKです

運用商品 約定・受渡日スケジュール一覧

運用商品 約定・受渡日スケジュール一覧

運用商品 約定・受渡日スケジュール一覧より

注意
画面の操作方法は本記事執筆時点から変わる可能性があるのでご了承ください

やまぞう

iDeCoの関連記事の紹介です。

iDeCoはメリットの大きい制度ですが、実は大きな懸念点があります。
特別法人税の存在は、iDeCoで運用する上で避けては通れない話です。
iDeCo(イデコ)最大のデメリット特別法人税1.173%の影響。復活はあるのか? 【資産に影響大】 iDeCoの特別法人税とは?復活の可能性はあるのか?

定期預金は元本保証ですが、場合によっては元本割れする可能性があります。
iDeCoの定期預金が元本割れするのはどんな時? iDeCoの定期預金は元本割れする。元本割れを引き起こす3つの要因

運営管理機関が破綻した場合、iDeCoの資産はどうなってしまうのでしょうか?
【朗報】iDeCoの資産は運営管理機関が倒産しても守られる。

iDeCoにまつわるトピックをギュッとまとめました。
加入・運用・受取ごとの主要な話題を取り上げていますので、是非お読み頂けたらと思います。
【初心者向け】iDeCo(イデコ)の始め方。加入・運用・受取までのトピックをぎゅっとまとめたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です