iDeCoオススメの証券会社はここだ!

iDeCoのスイッチングはポートフォリオの変更、リバランス、利益確定に使えます。

iDeCoのスイッチングって何?
どういう時に使うの?
注意点はある?

本記事ではこういった疑問に答えます。

では早速いってみましょう!

スイッチングとは保有商品を売却して他の商品を買うこと

スイッチングを一言で言えば、「保有している商品を売却して他の商品を買うこと」です。

例えば、保有している商品Aの一部、または全てを売却して、商品Bの買い付けを行うという事です。

スイッチングはこんな時に使います

さて、このスイッチングですがどういう時に使うのでしょうか?
iDeCoというと、毎月淡々と決められた商品を買い付けて、資産を積み上げていくイメージを持っていると思いますが、運用中にポートフォリオのメンテナンスが必要となる場合があります。

特に、次の3つのケースでスイッチングを使います。

  • リバランス
  • 資産割合の変更
  • 利益確定

リバランス

リバランスとは、運用中に崩れてしまったポートフォリに含まれる保有資産の割合を戻すことです。

例えば、先進国株式のファンドと新興国株式のファンドを50%ずつ(金額ベース)組み入れたポートフォリオで運用を開始したとしましょう。

当初は50%ずつの配分だったとしても、ファンドによって値動きは当然変わるので、1年後には割合が変わっているかもしれません。
例えば、先進国株式のファンドの方が値上がりすると下のようになります。

そこで、先進国株式の一部を新興国株式にスイッチングする事で当初の50%ずつのポートフォリオに戻すのです。

資産割合の変更

スイッチングは、ポートフォリオ自体を変更するといった目的でも使うことができます。
先進国株式と新興国株式を50%ずつ保有していたけど、新興国一本に絞りたい!などの場合です。

世界経済の情勢や、受給開始までの年数、リスク許容度によって柔軟にポートフォリオを変更することができます。

定期預金にスイッチングで利益確定

元本確保型の定期預金にスイッチングすレバ利益確定をすることができます。

次のような場合に、定期預金へのスイッチングは有効です。

  • 相場が加熱している時に利益確定をして、下落時に買い戻す
  • 受給開始年齢が近づいてきたのでリスク資産を減らす

ただし、定期預金は預金金利によっては下の記事のようなデメリットもあります。
iDeCoの定期預金が元本割れするのはどんな時? iDeCoの定期預金は元本割れする。元本割れを引き起こす3つの要因

スイッチングの注意点

スイッチング自体に大きなデメリットはありませんが、スイッチングを行う場合は次の2点に気を付けてください。

  • 商品によっては信託財産留保額が掛かる
  • 売却から購入まで時間が掛かる

商品によっては信託財産留保額が掛かる

商品によっては、信託財産留保額というファンドを解約するための費用が掛かります。
信託財産留保額は、基準価額に対して何%という形で、解約する口数分だけ掛かります。

ファンドにもよりますが、0.1%〜0.3%程度のようです。

信託財産留保額が無いファンドもけっこう多いのですが、スイッチングをする前に念のため確認しておくとよいでしょう。
信託財産留保額の有無は、各ファンドの交付目論見書で確認することができます。

売却から購入まで時間が掛かる

これが一番の注意点かもしれません。
スイッチングは完了までに時間がかかります。
(手続き自体は簡単です。)

商品の売却が行われ、その次にスイッチング先の商品の購入が行われるのですが、売却と購入のそれぞれで数営業日ほどかかります。

スイッチングの手続き中に、基準価額が大きく動く可能性もありますし、想定した基準価額での売却や購入ができない事があります

相場が大きく動く可能性のある、経済的イベントが近々あるとわかっている場合は、スイッチングの時期をずらした方が懸命かと思います。

配分変更との違い

スイッチングによるポートフォリオのリバランスの話をしましたが、関連するものとして、掛金の配分変更があります。
どちらも商品の割合の変更に関するものですが、下のような違いがあります。

  • スイッチングは、保有している商品の割合を変更する。
  • 掛金の配分変更は、これから購入する商品の割合を変更する

スイッチングでリバランスを行なった場合は、掛金の配分変更はしなくても構いませんが、ポートフォリオ自体の変更をした場合は、スイッチングに加えて掛金の配分変更も忘れず行う必要があります。

その他、スイッチングに対しての疑問に答えます

スイッチングで出た利益には税金が掛かるの?

税金は掛かりません。非課税です。
これはiDeCoで運用する大きなメリットですね!

スイッチングに手数料は掛かるの?

手数料は掛かりません。
しかし、信託財産留保額が掛かる商品を売却する場合は、これが差し引かれることになるので注意が必要です。

スイッチングは何回でもできるの?

運営管理機関によって異なるようです。
iDeCoを開設した運営管理機関に問い合わせてみてください。


やまぞう

ここからは関連記事の紹介です!

iDeCoで運用をする上で、最大の懸念点は特別法人税の存在です。
現在は凍結中の制度ですが、復活した場合はポートフォリオの見直しが必要かもしれません。
iDeCo(イデコ)最大のデメリット特別法人税1.173%の影響。復活はあるのか? 【資産に影響大】 iDeCoの特別法人税とは?復活の可能性はあるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です