iDeCoオススメの証券会社はここだ!

iDeCo(イデコ)の掛金はいくらに設定できる?

iDeCoの掛金には、いろいろなルールがあって複雑です。
次のような疑問を持っている方が多いと思います。

掛金はいくら払わないといけないの?
掛金の上限はいくら?
掛金額の変更はできる?
まとめて払えるの?

こういった疑問に答えます。

月5000円から1000円単位で設定可能

掛金額は、加入者であれば月5000円以上払う必要があります。
これはどの職業でも同じです。

そして、1000円単位で掛金額を設定することができます。
上限額は職業や他制度への加入状況によって異なります。

必ず掛金を拠出しなければならないのが、つみたてNISAと異なる点です。
ただし、加入者から運用指図者になれば掛金の拠出を止めることも可能です。
(詳しくは後述します。)

掛金の上限は職業によって違う

掛金の拠出限度額を次の表にまとめました。
会社員は

iDeCoの拠出限度額について
職業 拠出限度額
自営業者 月額6.8万円
(年額81.6万円)
※国民年金基金または国民年金付加保険料との合算枠
会社員
(会社に企業年金がない)
月額2.3万円
(年額27.6万円)
会社員
(企業型DCに加入している)
月額2.0万円
(年額24.0万円)
会社員
(DBと企業型DC、あるいはDBのみに加入している)
月額1.2万円
(年額14.4万円)
公務員等 月額1.2万円
(年額14.4万円)
専業主婦(第3号被保険者) 月額2.3万円
(年額27.6万円)

DC:確定拠出年金 DB:確定給付企業年金、厚生年金基金 iDeCo公式HP

自営業者の方は、拠出限度額は、国民年金基金または国民年金付加保険料との合算枠であることに注意して下さい。

国民年金基金や国民年金付加保険料を支払っている場合は、その分だけiDeCoの拠出限度額は減ります。

会社員の方は、企業型DC(企業型確定拠出年金)DB(確定給付企業年金)に加入しているかで拠出限度額が変わります。

企業型DCやDBに加入している方は、企業年金がない会社員の型と比べて、拠出限度額は少なくなります。

掛金の変更は年一回まで可能

掛金の変更は年一回までなら可能です。

手続きは、運営管理機関に加入者掛金額変更届を提出することで行います。

加入者掛金額変更届は、iDeCoの加入先の運営管理機関に請求しましょう。

また、掛金の拠出自体を止めることもできます
家計が苦しい場合は、無理せず掛金の拠出を止めましょう。

掛金の拠出を止めると、加入者から運用指図者になります。

運用指図者になると、退職所得控除の額が減るなどのデメリットもありますが、掛金の拠出を止めれることを覚えておきましょう。
iDeCoの掛金の変更はできる?払えなくなったらどうするの?

掛金の拠出は月単位と年単位から選べる

掛金の拠出単位は、月払い年単位拠出の2つがあります。

月払いは、毎月定額を拠出していきます。
シンプルですね。

年単位は、加入者が年1回以上、任意に決めた月に掛金を拠出するものです。

掛金の拠出をまとめることで、口座管理手数料を節約できるメリットがある反面、ドルコスト平均法が使えない年末調整に控除証明書の送付が間に合わない場合がある、などのデメリットがあります。

iDeCoの年単位拠出はおすすめできない。【デメリットがメリットを上回る】

やまぞう

ここからは関連記事の紹介です!

iDeCoに関連する記事を加入、運用、受取までの流れでまとめました。
【初心者向け】iDeCo(イデコ)の始め方。加入・運用・受取までのトピックをぎゅっとまとめたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です