iDeCoオススメの証券会社はここだ!

iDeCoの小規模企業共済等掛金払込証明書とは? 送付時期、年末調整、確定申告の書き方を解説。

iDeCo(イデコ)の小規模企業共済等掛金払込証明書とは? 送付時期、年末調整、確定申告の書き方を解説。

iDeCoの掛金を所得控除にするには、年末調整確定申告での手続きが必要です。

具体的には、年末調整や確定申告にて、その年に払った掛金額の記載と、掛金額を証明する小規模企業共済等掛金払込証明書の添付です。

掛金払込証明書で掛金額を証明する

掛金の所得控除を受けるためには、支払った掛金額を証明する必要がありますよね。
そのために、小規模企業共済等掛金払込証明書があります。

小規模企業共済等掛金払込証明書は、国民年金基金連合会から送付されます。

やまぞう

事業主払込(給与天引)や、運用指図者の場合は送付されません。

下は、実際に届いた小規模企業共済等掛金控除証明です。

iDeCo 小規模企業共済等掛金控除証明書

小規模企業共済等掛金控除証明書

右側の赤枠に払込予定の合計金額が書いてあります。

私の場合は自営業なので、掛金の上限は68000円で、加入したのが年の途中だったので、11ヵ月分の引き落としで748000円です。

この金額が全て所得控除されます。

送付時期は掛金の引落時期で変わる

掛金控除証明の送付時期は、掛金の引落時期によって変わります。

1月から9月までに払込実績があれば、10月の下旬に発送されます。
しかし、それ以降の場合は11月〜翌年の1月と証明書の発行が遅れていきます。

会社員の方は、送付時期に注意して下さい。
年末調整に間に合わない場合は、ご自分で確定申告をすることになります。

自営業者の方などのように、確定申告をされる方は、特に心配ないです。

やまぞう

詳しい発送スケジュールは、運営管理機関のホームページで確認してみてね!

年末調整の書き方

会社員の方は年末調整で対応することができます。
給与所得者の保険料控除申告書に記載をします。

iDeCo年末調整の書き方。給与所得者の保険料控除申告書

給与所得者の保険料控除申告書

赤枠の部分に掛金額を記載します。

そして、これと一緒に小規模企業共済等掛金払込証明書を提出します。

確定申告書の書き方

確定申告書の小規模企業共済等掛金控除の欄に記載をすればOKです。

iDeCo確定申告の書き方。掛金額は小規模企業共済等掛金控除に記入。

小規模企業共済等掛金控除に記入

赤枠の部分に掛金額を記載します。
そして、これと一緒に小規模企業共済等掛金払込証明書も提出します。

払込証明書の再発行は可能

掛金払込証明書を紛失した場合は、管理機関である証券会社に再発行の申し込みをしましょう。

再発行の申し込み用紙を請求して、それに記載後に提出する流れになります。

申し込み用紙の請求は各証券会社に問い合わせましょう。


やまぞう

ここからは、関連記事の紹介です。

iDecoに関する記事をまとめました。
加入から運用、受取までの順に、注意する点などをまとめています。
【初心者向け】iDeCo(イデコ)の始め方。加入・運用・受取までのトピックをぎゅっとまとめたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です