iDeCoオススメの証券会社はここだ!

iDeCo(イデコ)に加入できる人・加入できない人

iDeCoに加入条件するには、どんな条件があるのでしょうか?

大体の人が加入可能なのですが、一方で加入できない場合もあります。

本記事のテーマ
大半の人が加入できるiDeCoですが、加入できない場合もあります。加入できる場合と出来ない場合を解説します。

iDeCoの加入資格

iDeCoは、20歳以上60歳未満で国民年金や厚生年金に加入している方が対象です。
第1号被保険者(自営業者、学生等)、第2号被保険者(会社員、公務員等)、第3号被保険者(専業主婦等)のいずれでも加入資格があります。

iDeCoのHPでは、下の表のように説明されています。

iDeCoの加入資格
加入区分 加入対象となる方 加入できない方
第1号被保険者 日本国内に居住している20歳以上60歳未満の自営業者、フリーランス、学生など 農業者年金の被保険者
国民年金の保険料納付を免除(一部免除を含む)されている方(ただし、 障害基礎年金を受給されている方等は加入できます)
第2号被保険者 60歳未満の厚生年金の被保険者(サラリーマン、公務員)の方 お勤めの企業で、企業型確定拠出年金に加入している方(ただし、企業型確定拠出年金規約で個人型同時加入を認めている場合は加入できます)
第3号被保険者 20歳以上60歳未満の厚生年金に加入している方の被扶養配偶者の方

iDeCo公式HPより

iDeCoに加入できない場合

前述したように、多くの方に加入資格があるわけですが、加入できない場合もあります。

保険料納付の免除や猶予を受けている方

保険料の納付を行っていない場合は、加入できません。
例えば、学生の方などで学生納付特例制度を使って、保険料の納付が猶予されている場合はiDecoに加入できません。

また、所得が少ない場合や失業等で保険料を収めることが難しく、
保険料免除・納付猶予制度を利用されている方も加入はできません。

ただし、免除や猶予を受けていた方でも、加入時に保険料の納付を行っている場合はiDecoに加入できます。

農業者年金に加入している

年間60日以上農業に従事する方が加入できる農業者年金の加入者もiDecoには加入できません。

海外に住んでいる

iDecoの加入は、日本国内の居住者であることが条件です。
ただ、非居住者であったとしても、海外転勤等などで非居住者となっているだけで、会社の厚生年金に加入している方(第2号被保険者)は、iDecoに加入できるようです。

居住者と非居住者は下のように定められています。

我が国の所得税法では、「居住者」とは、国内に「住所」を有し、又は、現在まで引き続き1年以上「居所」を有する個人をいい、「居住者」以外の個人を「非居住者」と規定しています。
国税庁HP

企業型確定拠出年金に加入していて、規約でiDecoの同時加入が認められていない

企業型確定拠出年金に加入している場合は、企業型年金規約を確認して下さい。
iDecoに同時に加入してもよい旨が定められている必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です