iDeCoオススメの証券会社はここだ!

iDeCo(イデコ)の手数料のまとめ。【加入・運用・還付・給付】

iDeCoには、様々な手数料が掛かります。
加入から運用、受取までに掛かる手数料をまとめました。

加入時の手数料

iDeCoの加入時には、初期手数料の2777円が発生します。
支払い先は国⺠年⾦基⾦連合会で、初回一回のみ掛かります。

初期手数料の支払いは、初回の掛⾦から徴収されます。

どの運営管理機関を選んでも必ず掛かる費用で、運営管理機関による金額の違いはありません

運用中の手数料

口座管理手数料

運用中は、⼝座管理⼿数料が発生します。
支払い先と手数料を下の表にまとめました。

iDeCo 口座管理手数料
支払い先 手数料
国⺠年⾦基⾦連合会 103円/回
(※掛金の拠出時に掛かる)
信託銀行 64円/月
運営管理機関 運営管理機関により異なる。
0円のところもある。

やまぞう

一つずつ簡単に説明します!

国⺠年⾦基⾦連合会への手数料

掛金の拠出時に掛かります。
どの運営管理機関を選んでも手数料は同じです。

注目すべきポイントは、「掛金の拠出時に掛かる費用」ということです。
掛金の拠出がない運用指図者になった場合は、この手数料は掛かりません。

また、月払いではなく、年単位拠出で拠出月をまとめていれば、拠出をしない月分だけ手数料を節約することができます

信託銀行への手数料

iDeCoの資産管理をしてくれる機関への手数料です。
毎月64円掛かります。
どの運営管理機関を選んでも、必ず掛かります。
費用はどこも一緒です

運営管理機関への手数料

運営管理機関とは、iDecoの口座開設をする証券会社や銀行などのことです。
手数料は、どの運営機関で開設するかによって異なります。

SBI証券や楽天証券、マネックス証券は0円ですが、月に数百円かかるところもあります。
また、iDeCoの資産が一定額を超えるなどの一定の条件を満たすと0円となるところもあります。

掛からないに越したことはない費用なので、無料の運営管理機関での口座開設がオススメです

運用商品の手数料

運用商品にファンド(投資信託など)を選択した場合は、所定の手数料が掛かります。
手数料は、商品によって異なり、資産に対して年率何%という形で掛かります。

また、スイッチングを行う場合、信託財産留保額が発生する商品もあります。

スイッチング
保有している商品を売却して、他の商品を買うこと

還付手数料

還付というのは掛金が返金されることです。

還付されるのは以下のような場合です。

拠出された掛金相当額が返金されることです。

下記拠出がおこなわれた場合、引落月の掛金相当額を加入者等へ返還いたします。
◆ 国民年金の保険料を納付していない月の分の拠出
◆ 加入者の資格を有しない方の拠出
◆ 法令及び個人型年金規約に定める限度額を超えての拠出
還付が発生した月から拠出再開月までは、通算拠出期間に含まれなくなります。

詳細は、後日国民年金基金連合会から郵送される「還付金振込通知書」をご確認ください。
楽天証券HP – 【iDeCo】還付とはなんですか?

大体の人は、還付が発生されることは少ないと思います。

還付手数料は下のようになっています。

iDeCo 還付手数料
支払い先 手数料
国⺠年⾦基⾦連合会 1029円/1回
信託銀行 432円/1回 (400円+消費税)
運営管理機関 運営管理機関により異なる

上記の手数料は、還付の都度、還付⾦から徴収されます。

運営管理機関変更時の⼿数料

iDecoの運営管理機関は変更することができます。
その際に、変更元の運営管理機関に⼿数料を支払うところもあります。

例えば、楽天証券やSBI証券では変更時に4320円(税込)の手数料が掛かります。(2019年1月時点)

受取時(給付時)の手数料

意外と見落としがちなのですが、受給開始年齢を迎えて、給付される時にも手数料が掛かります。
支払い先は資産管理機関で、432円(400円+消費税)だけ、給付の都度、給付⾦から徴収されます

一時金で受け取る場合は大した金額ではないですが、年金として分割受取をする場合は、給付の回数が多くなるため大きな負担になります。

給付手数料のことも考えて、受取期間と年間の支給回数を決めることをオススメします


やまぞう

ここからは関連記事の紹介です!

手数料はiDeCoの運用成果に大きな影響を与えます。
運営管理機関選びは、運営管理手数料が無料、低コストのインデックスファンドが取り揃えられているところがおすすめです。
iDeCoの金融機関(証券会社、銀行)のおすすめは【マネックス証券・SBI証券・楽天証券】です。 iDeCoの金融機関(証券会社、銀行)のおすすめは【マネックス証券・SBI証券・楽天証券】です。

運用商品選びのポイントはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にして下さい!
【必須】インデックスファンド選びにベンチマークと手数料は外せない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です