iDeCoオススメの証券会社はここだ!

つみたてNISAとNISAどっちが良いの?【 投資初心者はつみたてNISAがおすすめ】

2018年1月からつみたてNISAが始まり、現在、つみたてNISA一般NISAの2つが存在しています。

投資初心者の方は次のような疑問があるはずです。

つみたてNISAとNISAどっちが良いの?

結論を言うと、投資初心者はつみたてNISAがおすすめです

その理由を解説していきます。

つみたてNISAと一般NISAの違い

まずは、つみたてNISAと一般NISAの違いを簡単に確認しましょう。
どちらも利益が非課税となる制度ですが、違いが多くあります。

つみたてNISA・一般NISAの比較早見表
項目 つみたてNISA 一般NISA
非課税期間 20年 5年
投資可能期間 2018~2037年 2014~2023年
非課税投資枠 年間40万円 年間120万円
買付時期 毎月や毎週に自動積立 自分で決める
取扱商品 投資信託 個別株
投資信託
REITなど

特に注目したいのが、3つの赤字の項目です。

つみたてNISAは、長期・積み立て・分散投資に適した制度となっています。
それぞれの項目について、次節から詳しくみていきます。

つみたてNISAがオススメな理由

20年間の長期運用でリスク低減

つみたてNISAの非課税期間は20年で、一般NISAの5年よりだいぶ長くなっています。
これは長期の運用を前提としているからです。

長期での運用は、リスクが低減する効果があります。

下は、VTI(バンガード・トータルストックETF)の直近20年間ののチャートです。
(※VTIは超有名な上場投資信託)

VTIチャート

VTIチャート

短期的な下げはありますが、長期的には右肩上がりになっています。

もちろん、必ず長期的に上がるとは言えませんし、リーマンショックのように大幅に下げる可能性はあります。
しかし、運用期間が長ければ、短期の下落を挽回できる可能性が高いことがわかると思います。

挽回できる可能性が高いということは、リスクを取りやすくなるという事です。

自動積立でドルコスト平均法

つみたてNISAは、買付金額と買付時期(毎月や毎週など)、買付商品を決めれば、それ以降は機械的に購入がされていきます。

一般NISAは、買付時期は自分で決める必要があります。

一見、買付時期を自分で決められる一般NISAが魅力的に感じますが、初心者にはあまりオススメできません。

なぜなら、相場を読むのは難しく、高値掴みをしたり、逆に買い時を逃してしまう可能性があるからです。

やまぞう

相場を読むのは本当に難しいです。たくさんの人が撃沈しています。

そこで有効なのが、ドルコスト平均法です。
ドルコスト平均法というのは、一定間隔で一定額を投資していく手法です。

ドルコスト平均法のイメージを図にしました。
折れ線が値動きで、丸い点が買付のタイミングです。

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法

株価は時期によって変動しますが、投下する金額は一緒なので、安い時は多く買うことができ、逆に高い時は少量だけ買います。

大勝ちはしないですが、投資家の余計な心理が入らないので、大負けすることもありません。
まさに平均的な値段で買い付けることができます。

また、自動積立なので値動きを頻繁にチェックする必要がありません。
値動きが気になって、本業がおろそかになってしまえば元も子もないですからね。

手数料の安いインデックスファンドが中心

手数料が安く、分散投資に適したインデックスファンドが多く取り揃えられています。

インデックスファンド
日経平均やTOPIXなどの株価指数に価格が連動する投資信託。

世の中には多くのインデックスファンドがありますが、つみたてNISAの取扱商品には一定の要件が定められています。
金融庁が作成した資料、つみたてNISAについて。金融庁(平成29年6月)にて確認できます。

やまぞう

金融庁の本気度が伝わってきますね。

取扱商品の要件の一部を紹介します。

  1. 信託契約期間が無期限又は20年以上であること
  2. 販売手数料なし(ノーロード)
  3. 手数料の上限が決められている

つみたてNISAは、20年の長期投資なので「信託契約期間が無期限又は20年以上であること」は当然ですよね。
また、定期買付なので販売回数が多くなることから「販売手数料なし(ノーロード)」も必須条件です。

そして、個人的に一番注目したいのは「3.手数料の上限が決められている」です。

投資信託は、保有している期間ずっと運用手数料が掛かります。
保有評価額に対して年何%という形で毎月引かれていきます・

運用手数料は、もちろん安い方が良いです。
高くて良いことは何もありません。

やまぞう

世の中には、手数料が高いだけのゴミファンドが存在します。それが無いので安心!

やまぞう

ここからは関連記事の紹介です。

つみたてNISAの始め方をまとめた記事です。
始まりから運用までを網羅していますので、ぜひご覧下さい。
【初心者向け】つみたてNISAの始め方ガイド

つみたてNISAを始めるのなら、楽天証券がおすすめです。
なぜなら、楽天カード決済で1%のポイントが付くからです。
つみたてNISAは楽天証券がおすすめ。楽天ポイントとの相性が最高すぎる。 つみたてNISA(積立NISA)は楽天証券がおすすめ。楽天ポイントとの相性が最高すぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です