iDeCoオススメの証券会社はここだ!

【ロイヤル・ダッチ・シェル】RDSA(A株)とRDSB(B株)の違いとは?

ロイヤル・ダッチ・シェルの株には、RDSA(A株)とRDSB(B株)の2種類があります。

RDSA(A株)とRDSB(B株)の違いはどこにあるの?

こういった疑問に答えます。

ロイヤル・ダッチ・シェルはオランダ企業と英国企業の合併企業

昔々、ロイヤル・ダッチ(オランダ)とシェル(英国)の2社がありました。
この2つは石油関連の事業を行なっており、それぞれ独立した企業だったのですが、スタンダードオイル(現エクソンモービル)との競争で石油の利権を確保するため1903年に業務提携をします。

その後、2005年に合併し、単一の法人「ロイヤル・ダッチ・シェル」となりました。
その流れからオランダ企業でもあり、英国企業でもあるのです。

RDSA(クラスA)とRDSB(クラスB)の2種類がある

オランダのロイヤル・ダッチ・シェルと英国のシェルが合併した関係から、オランダのロイヤル・ダッチの流れを受けるのオランダ株RDSA、英国のシェルの流れを受ける英国株RDSBの2種類があります。

株価に違いはあるのでしょうか?
下はRDSA(青)とRDSB(赤)のチャートです。

rdsaとrdsbのチャート

rdsaとrdsbのチャート

Yahoo! Finance

多少の差はありますが、値動きはほぼ一緒です。
アルファベットのGOOGとGOOGLと同じような感じですね。
GOOGとGOOGLの違いは議決権の有無にあり。株価に違いは無し。 GOOGとGOOGLの違いは議決権の有無にあり。株価に違いは無し。

キャピタルゲインだけを考えるならどちらを買っても良さそうです。
しかし、配当金の受取りを考えるとRDSBを買った方が良いです
詳しくは後述します。

RDSAとRDSBはどちらも高配当株

ロイヤル・ダッチ・シェルはどちらも高配当株です。
2018年11月現在でそれぞれの配当利回りは、RDSAが5.97%(税引前)、RDSBが5.77%(税引前)です。

下は配当金の推移です。2018年度はQ4の分がまだアナウンスされていなかったので載せていません。
2018年のQ1〜Q3は2017年と同水準なので、2018年も横ばいといったところでしょうか。

ロイヤル・ダッチ・シェル配当金の推移

ロイヤル・ダッチ・シェル配当金の推移

Royal Dutch Shellのデータより作成

ここ数年は増配が止まっています。
これから配当がどうなっていくかで投資判断は分かれそうです。

RDSAは配当金の二重課税が発生する

RDSAとRDSB値動きは同じですし、配当金も同じですが配当金の税金の取り扱いが異なります。
RDSAはオランダ株なのでオランダ現地で源泉徴収15%が取られます。
さらに残りの部分に対して日本の源泉徴収20.315%が引かれます。
つまり二重課税です。

RDSAの二重課税分は外国税額控除を申請すれば一定の範囲で戻ってきます。
しかし、確定申告の手間が増えてしまうのはマイナスです。

RDSBは日本での源泉分離課税のみ

オランダ株のRDSAが二重課税されるのに対し、英国株のRDSBは現地で課税されません

取られるのは日本での源泉徴収20.315%のみです。

RDSAだと外交税額控除など確定申告の手間が増えますし、RDSBを買うのが良いんじゃないかと思います。