iDeCoオススメの証券会社はここだ!

【簡単解説】株価指数とは? 日経平均、TOPIX、NYダウまでわかりやすく解説。

日経平均TOPIXNYダウNASDAQ総合は、株価指数と呼ばれるもので、株式市場の動向を表す大切な数字です。

株価指数って何なの?

こういった疑問に答えます。

株価指数とは株価の動向を表す数値

株価指数とは株価の動向を表す数値

株価指数とは、「ある特定の銘柄群の動向を表す指数」です。
銘柄とは株のことです。

「銘柄群」という言葉から分かるように、複数の銘柄の動向を表します。

そして、株価指数の種類ごとに、含まれる銘柄の数や種類が異なります

株価指数は、含まれる銘柄の「株価」や「時価総額」から計算されており、
含まれている銘柄の株価が上がれば指数も上がり、株価が下がれば指数も下がります。

check
  • 株価指数は、含まれる銘柄の時価総額や株価から計算される。
  • 株価指数ごとに含まれる銘柄の数や種類が違う。
  • 株価が上がれば株価指数も上がる。株価が下がれば株価指数も下がる。

日本の株価指数

日本の株価指数

日経平均

日本を代表する225社の銘柄を対象とした株価指数です。
東証一部上場銘柄の中から様々な業種をまたいで選ばれており、その選定は日本経済新聞社が行なっています。

だから「日経」平均なのですね。

組み込み銘柄にはトヨタやホンダ、任天堂など超有名企業が含まれています。
ちなみに、この225社は定期的に組替えが行われます。

TOPIX(東証株価指数)

こちらも日本の株式市場の指数なのですが、日経平均とは対象としている銘柄が異なります。
TOPIXは東証一部上場の2000社を超える銘柄全てです。

日経平均の225社に対して、含まれている銘柄数が全然違いますね。
日本の株式市場の全体感をより表していることになります。

世界の株価指数

世界の株価指数

NYダウ

アメリカ市場の代表的な指数で、正式名称を「ダウ・ジョーンズ工業株価平均」といいます。
ニューヨーク平均株価」と言われることもあります

対象銘柄は、「アメリカを代表する超優良の30銘柄」で、ダウ・ジョーンズ社が選定し指数の計算をしています。

アップルやマイクロソフト、ボーイングがなどが組込み銘柄です。(2018年11月現在)

NASDAQ総合

アメリカの株式市場、「NASDAQ」に上場している全ての銘柄が対象です。

NASDAQには、ハイテク産業を中心に約5000社が上場しています。
アップルやグーグル(アルファベット)、アマゾンなどが組込み銘柄です。

S&P500

ニューヨーク証券取引所(NYSE)」、「NASDAQ」の中から選ばれた大型株500銘柄が対象です。

銘柄の選定は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が行なっています。

株価指数は投資対象としても使われる

インデックス投資

株価指数は、株価の動向を追うだけでなく、「投資対象」にすることもできます。

株価指数に含まれる銘柄を買っていくことで、株価指数に連動する成果を目指そうというものです。
インデックスファンド」と呼ばれています。

インデックスファンドは「投資信託」の一種です。

投資信託
いろいろな企業の株を少量ずつ詰め合わせたものです。
複数の株を少量ずつ持つので、どれか一つの株が下落しても、全体の損失を抑えることが出来ます。

インデックスファンドは、手数料がとても安く、資産運用の王道とされています。