iDeCoオススメの証券会社はここだ!

【一冊だけ】投資の初心者が読むべきオススメ入門書

こんにちわ、やまぞうです。

「投資・資産運用に興味はあるけど何から勉強していいかわからない。」
「勉強する時間もない。」
「基本だけ簡単に学べたら。」

そんなあなたに、「1冊だけ」おすすめしたい本があります。

やまぞう

私は、この本がきっかけで投資を始め、今でもこの本で学んだ知識が大きく役に立っています。

その名は「お金の増やし方を教えてください!」

将来に不安を持つ「僕(大橋弘祐さん)」が「先生(山崎元さん)」に、お金の増やし方(資産運用)を相談しにいくという対話形式で話が進みます。

対話形式なのでとても読みやすく、話のテンポも良いです。
わかりやすい言葉で説明してくれる山崎元さんの実力も凄いです。

輝く山崎元さんの経歴…
東大から三菱商事、そしてメリルリンチ..凄すぎる..


山崎元

経済評論家。専門は資産運用。楽天証券経済研究所客員研究員。獨協大学経済学部特任教
授。マイベンチマーク代表取締役。1958年、北海道生まれ。東京大学経済学部卒業、三菱商事に入社。野村投信、住友信託、メリルリンチ証券など12回の転職を経て現職。雑誌連載、テレビ出演多数。著書に『学校では教えてくれないお金の授業』(PHP研究所)『全面改訂 超簡単 お金の運用術』(朝日新書)『ファンドマネジメント』(金融財政事情研究会)など。

大橋弘祐
立教大学 理学部卒。
大手通信会社の広報、マーケティング職を経て、作家、編集者として活躍中。
著書に『SURVIVAL WEDDING』(文響社)など。

内容をちょこっと紹介。資産運用のポイント

お金を増やしたければ銀行には近づかないこと

山崎先生
「まず、一つ言っておくとね。
お金を正しく運用したかったら、銀行には近づかないほうがいい。」

いきなり強烈な言葉ですね。
その理由は「手数料」です。
銀行は手数料で稼いでいるのです。

山崎先生
「銀行っていうのは金持ちには投資させて手数料をもらう。貧乏には借金させて金利をもらう。
これが彼らのビジネスモデル。
〜 (中略) 〜
定年になって退職金が出たら手数料の高い投資信託を勧める。」

山崎先生
「客が得するものじゃなくて、自分たちが得するものを売ろうとする」

自分たちが得するもの、つまり手数料が高いものですね。

銀行って健全なイメージありましたけど、この本を読んでから銀行に警戒心を持つようになりました…

やまぞう

銀行怖い….

手数料が安いネット証券を使う

ネット証券だとSBI証券、楽天証券、マネックス証券が大手です。

山崎先生
「〜 (略) 〜 SBI証券や楽天証券、マネックス証券あたりの大手であれば問題ない。」

私のオススメは楽天証券です。

楽天ポイントで投資できたり、楽天カード決済を使ってポイントを貯めることもできます。

安全に運用するなら個人向け国債

なるべくリスクを負いたくないという方には「個人向け国債(変動10年)」です。

国債とは国が発行する債券のことで、持っていると半年に一度、利子がもらえます。

変動10年の部分の利率を見て下さい。
スクリーンショット 2018-10-23 20.09.51
出典: SBI証券(2018年10月23日時点)

利率は年0.09%(税引前)と書いてありますね。
大手行の普通預金金利が0.001%、定期預金で0.010%であることを考えるとかなり有利です。

さらに銀行預金よりも安全です。
銀行預金は預金保護制度の範囲の金額しか保護されません。

それに対して、国債は、日本が財政破綻(デフォルト)でもしない限り元本割れはしません。
銀行より先に国が潰れる事はないでしょうから国債のほうが安心なのです。

卵は1つのカゴに盛るな。投資信託で分散投資

投資信託は、いろいろな企業の株の詰め合わせです。

なぜ、色々な株が入っているのでしょうか?
それはリスク分散のためです。

一つの企業だけに投資した場合、その企業の株価の影響をモロに受けます。
しかし、複数の企業の株を持っていれば、1つの株価が下落しても損失は限定されます。

そして、投資信託を選ぶ基準も大切です。

山崎先生
「でもね、投資信託って日本だけでも五千種類以上あって、たぶん99%は検討にもあたいしないゴミなんだけど、その中にいいやつもあるの。」

99%はゴミ…!?。
何を基準に選べば良いのでしょうか?

やまぞう

ズバッと言ってくれるところが魅力的ですね。

手数料の安いインデックスファンドを買え

投資信託には「運用手数料」というランニングコストが掛かります。
手数料…金融機関が大好きなやつですね。

手数料はできる限り低くすることが重要です。
その基準で探すと「インデックスファンド」が候補に挙がります。

インデックスファンドとは「株式指数」に連動する投資信託です。
株式指数は「日経平均」や「東証TOPIX」が有名ですね。

インデックスファンドにも「地雷商品」があるらしいのですが、

本書ではオススメのインデックスファンドが2本紹介されています。

やまぞう

オススメのインデックスファンドは本書をお読みくださいね!

アクティブファンドはナシ

インデックスファンドに対して、「アクティブファンド」という、人が投資先を選んで運用するタイプもありますが、そちらは手数料が高いです。

さらにダメ押しで「運用業界の不都合な真実」というものがあります。

山崎先生
「〜 過去の実績を見るとプロが運用するアクティブファンドの平均がインデックスファンドに勝ったことはほとんどない 〜 」

手数料が高い上に、インデックスファンドに勝てない..!?

アクティブファンドはナシ」です。

やまぞう

私は商品選びでアクティブファンドは速攻除外しています。

まずは読んでみて

とにかく分かりやすいので、最初の一冊としてオススメです!
今すぐ投資を考えていなくても読んでおいて損はないハズです。

話題のNISAやiDeCoについても触れられていますので是非!


やまぞう

ここからは、関連記事の紹介です!

資産運用において「有利な制度」を利用することはとっても大事です。
特に「つみたてNISA」は少額から始められるので、初心者の方にオススメです。
【初心者向け】つみたてNISAの始め方ガイド

NISAと並んで有名なのが「iDeCo(イデコ)」です。
最大の特徴は「節税効果」にあります。
余裕資金が多い方には良い選択肢の一つです。
【初心者向け】iDeCo(イデコ)の始め方。加入・運用・受取までのトピックをぎゅっとまとめたよ。